美白化粧水 ちふれ

ちふれの美白化粧水は3種類。それぞれの特徴と違い

ちふれの化粧水は、肌質やお肌の悩み別にたくさんの種類がラインナップされています。その中でも人気なのは、美白化粧水ですね。美白化粧水は、赤いボトルの化粧水Wが2種類、そして青いボトルの美白化粧水VCが1種類となっていて、赤いボトルはノーマルタイプとシットリタイプとに分かれています。

 

昼赤いボトルのノーマルタイプの美白化粧水Wは、美白成分となるアルブチンに、抗酸化作用と美白作用が期待できる安定型ビタミンC誘導体のダブルパワーで肌のシミやくすみにアプローチしてくれます。サッパリタイプなので、汗ばむ季節にもピッタリの商品ですが、サッパリでも保湿作用はとっても優秀。トレハロースやヒアルロン酸が保湿成分として配合されているので、べたつかなくてもうるおう肌質へと改善できます。

 

基本的な成分配合は同じでも、サッパリよりはシットリが好きという人におすすめなのが、ちふれの美白化粧水Wシットリタイプですね。薬用タイプなので、シミやくすみを改善しながら肌トラブルも内側からケアすることができる優秀な一本です。空気が乾燥しやすい季節にはシットリタイプという人が多い点は注目ですね。

 

青いボトルの美白化粧水VCは、ただ美白ケアをするだけではなく、肌荒れなどのトラブルも同時に解消できる薬用タイプの化粧水です。入っている成分は安定型ビタミンC誘導体に加えて、肌荒れ防止のためのグルチルリチン酸、そして保湿成分にはヒアルロン酸をはじめとして、トレハロースや甘草エキスなどが入っています。ノンアルコールなので肌への刺激は少なく、美白ケアをしながらニキビなどのケアもしたい人にピッタリです。

 

ちふれ美白化粧水VCをおすすめする人・おすすめしない人

ちふれ美白化粧水VCがおすすめなのは、シミやくすみなど美白ケアをしたいなと考えているけれど、ニキビなど炎症系の肌トラブルでも悩んでいるという悩み多き人ですね。この化粧水には、美白成分に加えて保湿成分、そして肌荒れ防止成分もたっぷり入っているので、毎日のお手入れで起こりそうなトラブルは未然に防止し、起きてしまったトラブルは素早くケアして健康な肌へと導いてくれます。

 

おすすめしない人というのはあまりいませんが、ニキビなどの炎症系トラブルは抱えていないという人や、肌の悩みはくすみやシミだけという人なら、あえて青いボトルの肌荒れ防止美白化粧水VCを使わなくても、赤いボトルの美白化粧水Wで十分でしょう。ただし、ニキビなどのトラブルを抱えていない人がこの青いボトルのちふれ美白化粧水VCを使っても、特に肌にとってマイナスの影響が出てしまうわけではないので、その点は心配ありません。できるだけ良い肌質を維持したいという目的で、あえて青いボトルを使う人もたくさんいますよ。

 

ちふれ美白化粧水Wをおすすめする人・おすすめしない人

ちふれ美白化粧水Wがおすすめなのは、すでに肌の表面にシミが出来ていて悩んでいるという人、またこれからできるかもしれないシミが心配という人ですね。また、肌のくすみが気になるから全体的にトーンを明るくしたいとい人もまた、ちふれ美白化粧水Wがおすすめです。このノーマルタイプの他にしっとりタイプもラインナップされているので、これを使って肌がイマイチシットリできないという人は、シットリタイプをおすすめします。ノーマルタイプは、保湿はしっかりしたいけれど肌がベタベタするのは嫌という人にピッタリの美白化粧水と言えるでしょう。また、汗ばむ季節であまり重たい使用感の化粧水は使いたくない人にも、この赤いボトルの化粧水はぜひおすすめです。

 

一方、ちふれ美白化粧水Wがおすすめではない人もいます。それは、肌が乾燥しているためにこの化粧水でお手入れしても肌がまだカサつく人や、化粧水の使用感はシットリしていたい人、化粧水を何回も重ね付けしなければしっとりできない人などです。そうした人は、ちふれ美白化粧水Wではしっとりタイプもラインナップされているので、ぜひそちらを使ってみてください。

 

ちふれ美白化粧水Wしっとりタイプをおすすめする人・おすすめしない人

ちふれ美白化粧水Wシットリタイプは、ノーマルタイプとつかわれている成分は同じですが、使用感がよりしっとりと仕上がるという特徴があります。そのため、化粧水はしっとりするものを使いたい人や、肌が乾燥しているのでサッパリタイプではどうも十分な保湿ができないという人、また空気が乾燥する季節はノーマルタイプでは十分に保湿できないという人におすすめです。ちふれ美白化粧品Wを使っている人の中には、肌がベタベタしやすい春や夏にはノーマルタイプを使い、肌が乾燥しやすい秋や冬にはしっとりタイプを使うなど、季節によって使い分けている人が大勢います。入っている成分はどちらのボトルも同じなので、こうした使い分けはおすすめです。

 

また、花粉が飛び散ったりする春など季節の変わり目には、しっかり保湿ケアをする事によって肌のバリア機能を健康な状態に維持してあげることが必要です。もしもアレルギー症状を起こしかけた場合には、薬用の青いボトルのちふれ美白化粧品を使うという方法もアリでしょう。

 

まとめ

ちふれの美白化粧水には、薬用で肌荒れ防止成分が入った青いボトルの美白化粧水VCと、徹底的に美白と保湿ができる赤いボトルの美白化粧水Wがあります。このうち、赤いボトルはノーマルタイプとしっとりタイプとの2種類がラインナップされていて、肌の乾燥度合いや、空気が乾燥する季節かどうか、またお好みの使用感などによって使い分けることができますね。どのボトルも、基本的な美白成分にはアルブチンや安定型ビタミンC誘導体が使われていて、すでに肌の表面にできているシミやくすみはもちろん、肌の内側に潜んでいるシミ予備軍に対してもしっかりと働きかけて満足できる美白効果が期待できます。また、ノンアルコールなので肌への刺激が小さいという点も嬉しいですね。

 

page top